新婚日記

結婚して間もない私の日々のボヤキです。時事や芸能、時々妊活や義理両親との関係についても書いています。

色小姓

 

色小姓という言葉をご存知でしょうか。

 

平安時代以降でこの色小姓は浸透していったそうですが、その後は主に武家社会でもこの色小姓なるものは広まっていったそうです。

 

色小姓、つまりは男性の夜の相手をする男性のことを言いますが、歴史有名人物である織田信長武田信玄徳川家康などもこの色小姓を従えていたと聞きます。

 

すごい話に見えますが、当時の日本社会ではこれが普通だったそうで、特別なことでもなかったそうですね。

 

昔から男性でも肌が透き通るような美形の方がいらっしゃったそうで、そういう人はスカウトされていたとか。

 

時代が変わると人間の考え方も大きく変わる一つの例ですね。

広告を非表示にする